トップページ 高く買います! リノベーション 仲介サービス 販売サイト 問い合わせ
サイト売買における評価の必要性
評価基準の必要性

サイト売買を行うに際して、ウェブサイトの価値をどのように評価するかは、売り手にとっても買い手にとっても重要な問題です。

しかし、サイト売買に関する確たる評価基準というものは現在のところありません。そのため、売り手と買い手のサイト評価額は異なるのが普通で、特に売り手についてはサイトに対する思い入れが深いほど、買い手に比べてサイト評価額を高めに評価する傾向にあり、サイト売買を成立させるためには何らかの手法で算定された評価額を基準として、心理的要素を取り除く努力をすることが必要となります。もちろん、サイト売買市場における同種サイトの需給状況やサイトを売買する目的なども、価格決定のプロセスに大きな影響を与えることは言うまでもありません。

サイト価値の査定と構成要素

サイト売買におけるWebサイトの査定基準について、適正な評価基準が確立していないため、同じWebサイトでも扱う仲介事業者によって評価額が異なります。これは、査定要素の評価額が相対的なものであることや、査定に際してWebサイトの買収目的をどこまで評価額に反映させるかの違いによるものと考えられます。

1. サイト自体の制作価値(デザインやシステム)
2. 情報資産としての価値(ビジネスモデルやコンテンツの価値)
3. 市場におけるサイトの価値(アクセス数、ページビュー、その他SEO的な価値)
4. 既存の利益から算定される価値(既存のまま予測できるキャッシュフロー)
5. サイト購入をした場合の シナジー効果 より算定される価値
6. 顧客や会員、得意先や仕入先によってもたらされる価値
7. サイト売買市場における同種サイトの需給状況

サイト売買における価値の相対性

サイト売買において、Webサイトの統一した査定基準を作りにくい理由は次のとおりです。

サイト価値を構成している要素単位でも評価額に幅があること
例えば、あるWebサイトと同じものを制作するのにかかる見積もりを、複数のホームページ制作会社に依頼すると、恐らく、数十万円、時には数百万円の差が生じると思います。つまり、サイト自体の制作価値(デザインやシステム)を評価するだけでも、査定をする者によって額に大きな差が生じる訳です。もちろん、他の構成要素も同様ですので、Webサイト自体の査定額は更に大きな差が生じることとなります。

査定に際してWebサイトの購入目的をどこまで考慮するのか
Webサイトを購入する目的は、既存のサイトと同様の方法で利益を得る、自社の事業に役立てるなど様々ですが、買収の目的によってサイト価値算定の構成要素のうち何を重視するかが異なります。例えば、既存のサイトと同様の方法で利益を得ることを目的とする場合は、既存の利益から算定される価値(既存のまま予測できる キャッシュフロー )や投資額の回収期間を重視することになり、自社の事業に役立てる場合であれば、サイト買収によって増える事業価値を中心に査定することとなります。

ただ、サイト売買仲介事業者は報酬額によって、個々の買収目的に従い厳密に査定を行う場合と既存の利益から算定される価値を中心とした簡便な方法(利回りや回収期間)で査定を行う場合があり、サイト購入の目的をどこまで評価額に反映させるかによって査定額は異なります。

運営サイト
完全成果報酬型SEO対策
中古ドメイン販売 エージェント
agent
IP分散被リンクの
販売(準備中)
サイトバリュー
ウェブサイト掲載内容についてのお問合せは、下記電話番号もしくはメールフォームよりご連絡ください。
044-829-3850
お問合せフォームはこちら
電話受付:10:00〜20:00
サイト売買の買取・査定ブログ
プライバシーマーク
当社は、財団法人日本情報処理開発協会(JIPDEC)より、「プライバシーマーク」の認定を受けています。
弊社運営のWEBコンサルティングサービス
  • 完全成果報酬型SEO対策サービス
    初期費用0円、
    月額費用10,000円(税抜)〜
    ※1ヶ月15日以上10位以内に
    表示された場合のみ課金
    詳細はこちら
  • 非リンク対策・固定SEOサービス
    ページランク5以上からのTOPリンク
    IP分散100ドメインからのTOPリンク
    効果抜群TOP+SUBページリンク
    準備中
  • 中古ドメイン(JPドメイン)販売サービス
    ページランク5、
    運営5年以上多数あり
    ※歴史、被リンク数、ドメイン名
    により料金が変わり
    詳細はこちら
サイト売買お役立ち情報
ページトップ