トップページ 高く買います! リノベーション 仲介サービス 販売サイト 問い合わせ
サイト売買の歴史と今後
サイト売買の歴史

サイト売買の代表的なものとしては、サイバーエージェントがツボックスから「懸賞のつぼ」を買収した例や楽天による「旅の窓口」の買収などが有名です。

2003年には日本政策投資銀行がポータルサイトを担保に融資を実行し、ウェブサイトが担保となる初めてのケースとなりました。 更に、2007年には日本政策投資銀行ほか6行によりサイトを担保とした総額30億円の協調融資が行われ、ウェブサイトを資産として評価する流れが確立するのに呼応するように、 2005年の時点で1〜2社だったサイト売買業者も、近年は市場の拡大とともに15社程度まで増加しています。

また、サイト市場の取引環境を整備・育成しようとする動きもはじまっており、WebサイトM&Aビジネス協会や日本サイト売買協会といったサイト売買業界団体の設立や、 サイトM&Aプロフェッショナル養成の講座やサイト売買セミナーなども定期的に開催されるようになってきました。

時期 サイト売買の代表事例
2000年10月 サイバーエージェントがツボックスから「懸賞のつぼ」を買収
2003年09月 楽天がマイトリップ・ネットの「旅の窓口」を買収
2004年05月 楽天が「みんなの就職活動日記」を買収
2005年01月 カカクコムがフォートラベルの「旅行のクチコミサイト」を買収
2005年01月 ライブドアがカヤックの「T-seiect」を買収
2006年10月 Google(米国)が動画共有サイト「You Tube」を買収
2007年06月 カウネットがカヤックから「総務の森」を買収

サイト売買の現在と今後

現在のサイト売買業者は、(1)主にサイト売却情報をサイト上に掲載して、売り手と買い手で直接売買交渉をしてもらい、必要に応てサポートを行う「サイト売買情報提供型」と、 (2)サイト売買の担当者が売買交渉を調整・仲介してくれる「サイト売買仲介型」、(3)サイト購入希望者の要望に沿ったウェブサイトの選定から、 交渉や査定、契約書の作成等を含めたクロージングまでの全てに対応する「サイトハント型」の3つに分類することができ、個人向けや小規模のサイト売買については手数料の安い(1)、 中規模のサイト売買は(2)、匿名性の高い大型のサイト売買は(3)といった流れになってきています。

サイト売買ビジネスは一見簡単そうですが、実際にサイト売買ビジネスで利益を出すには、以下のいずれかが必要だと言われています。

1. 仲介手数料を高めに設定し収益性を高くする
2. ウェブサイト収集力や買い手のネットワーク等を有する
3.別に主たる収入源をもち、サイト売買事業を長期的に維持できる
4.サイト売買事業と本業との間でシナジー効果がある

それは、サイト売買の仲介は企業のM&Aの仲介やアドバイザリーと同様に、典型的な「労働集約型」ビジネスのであり、一人の担当者が仲介できる件数に限界があることと、 サイト売却ではウェブ上での募集が中心(企業のM&Aはウェブを利用したり、銀行や商工会議所の紹介等の様々な募集チャンネルを利用できる)であり、 一個の売却案件に対して複数のサイト売買仲介会社が買い手を探すといったケースも多く、手数や費用に見合う利益を出すことが難しい状況にあるため、 一定の条件を満たした事業者でなければ、サイト売買ビジネスでの成功は望めないということです。

その結果、以前のようなサイト売買案件の情報提供と簡単なサポートといった形態から、取り扱う対象の中心をより高額なウェブサイトに移しながら、高度なサポートをすることで高額の報酬を得る形態や、 単なるウェブサイトの仲介から、買い手の希望する条件のウェブサイトを選定し、相手との交渉から契約締結までのコンサルティング一切を行ったり、 高度なデューデリジェンスやウェブサイトの育成といったサイト売買周辺部分に収益源を見出す形に変化してきており、より質の高いレベルでのサポートと専門性が求められるため、 サイト売買業界内での寡占化や業態の多様化がますます進むと考えられます。

今後は、例えばサイト売買事業者ではなく、サイト売買事業者の育成事業や新規に参入してきたサイト売買事業者に対して、専門性の高い部分をサポートすることで、 利益の一部を受け取る代理店組織のようなものが誕生するかもしれません。また、少し先になりますが、サイト売買市場が成熟すると共に、ウェブサイトの評価基準が統一されれば、 ウェブサイトの証券化などにビジネスが派生することも考えられます。

参考
日本有力企業のWebサイト評価額          (2009年度 日本ブランド戦略研究所調べ)
順位 企業・ブランド サイト価値
1 全日空(ANA) 896億3500万円
2 パナソニック(電工含む) 852億3000万円
3 NTTドコモ 754億2800万円
4 JR東海 750億0400万円
5 トヨタ自動車 743億5900万円
6 本田技研工業 726億3300万円
7 JTB 726億2100万円
8 JR東日本 714億3200万円
9 日本航空 681億5800万円
10 ベネッセコーポレーション 518億4500万円
運営サイト
完全成果報酬型SEO対策
中古ドメイン販売 エージェント
agent
IP分散被リンクの
販売(準備中)
サイトバリュー
ウェブサイト掲載内容についてのお問合せは、下記電話番号もしくはメールフォームよりご連絡ください。
044-829-3850
お問合せフォームはこちら
電話受付:10:00〜20:00
サイト売買の買取・査定ブログ
プライバシーマーク
当社は、財団法人日本情報処理開発協会(JIPDEC)より、「プライバシーマーク」の認定を受けています。
弊社運営のWEBコンサルティングサービス
  • 完全成果報酬型SEO対策サービス
    初期費用0円、
    月額費用10,000円(税抜)〜
    ※1ヶ月15日以上10位以内に
    表示された場合のみ課金
    詳細はこちら
  • 非リンク対策・固定SEOサービス
    ページランク5以上からのTOPリンク
    IP分散100ドメインからのTOPリンク
    効果抜群TOP+SUBページリンク
    準備中
  • 中古ドメイン(JPドメイン)販売サービス
    ページランク5、
    運営5年以上多数あり
    ※歴史、被リンク数、ドメイン名
    により料金が変わり
    詳細はこちら
サイト売買お役立ち情報
ページトップ